DVD発売決定
b0175572_11232049.jpg

[PR]
# by syokomovie | 2009-12-17 11:23 | インフォメーション
掲載情報
コチラで映画が紹介されました。
[PR]
# by syokomovie | 2009-11-22 21:48 | インフォメーション
スズキさんからのご報告です
レイトショー&ミニライブにいらしてくださったみなさま、
本当にどうも有り難うございました!

自分のコトバとか存在が映像におさめられること、
そして人とつながること、歌うこと。
2週間のあいだ、わたしはかつてなく独特な状況と精神状態のなかに居ました。
最初のライブの日、川村カオリちゃんの訃報をききました。
5月のC.Cの翌日、本当におつかれさまでした、素晴らしかった!
体調をみて、今度は私のライブにもゲストで遊びにきてね。というメールに、

いつでも駆けつけます♪!

と返信してくれたのが最後でした。

とても歌う状態なんかではなかったけど、ジェームズ・テイラーの
”Never die young"をカオリちゃんに捧げるつもりで歌いました。


ーー彼らの心は砕かれ、夢は終わってしまったようにみえるけれど、
その黄金の船はどこまでも漕いでゆく、漕いでゆく
未だ見ぬ世界の、未だ見ぬ空にむかって。

という歌詞にカオリちゃんの姿がダブって、
泣きそうになるのをこらえるのが大変でした。


思いがけずたくさんの方が観にきてくださり、
会場を大きいファクトリーに急遽変更した日、
松田聖子さんに提供した"We are love"を久しぶりに。、、というか、
ライブではじめて歌いました(カラオケでは歌ったことあったんだけど)。

う~ん自分、結構イイ曲書いてたんだな、
昔から、とちょっと感心しました(自画自賛)。


歌うことにはカクゴが要る。かの美空ひばりさんは、かの岡林信康さんに
”歌う才能をもらって生まれたんだから、カクゴをきめて歌いなさい”


。。。と言ったそうです。言った人も言われた人も凄すぎて
ヒカクにならないかもしれませんが、すごくココロに響いたコトバでした。


考えてみれば何の仕事だってそうです、やるためにはカクゴが要る、
そして愛、が要ります。
愛、は大変さもツラさも全部こみで引き受ける、
というカクゴのことです。多分。


その愛、を自分はもっているのか。もちつづけられるのか。どこまで。いつまで。


そんなことを考えつづけた2週間でもありました。
そして愛とか夢とか、青臭い、子供っぽいと
一蹴されそうなコトバを、あたしは断然信じる気持ちになりました。
というか、人間がそれ無しで生きてゆくのは不可能です。
現実を生きることと、愛すること、夢みることは、
まったく同じ地平線のうえに在ります。
愛も夢も非日常なんかではなく、そこに在るもの、そこに在るべきものです。
”夢”は”現実”にとぶための翼をあたえ、
”現実”は”夢”に生きていること、の たしかな感触をあたえる。
それは人生の両輪であり、どちらが欠けても存在できない。
ということは、それがあればどんな時代だって状況だって人は生きてゆける。


大事なひとたちの死に向き合って、わたしが感じたことはそれでした。


今回の上映を惜しみなくたすけてくださったアップリンクの社長・浅井さん、
鎌田さん、篠崎さん、スタッフの皆様、H澤さん、
本当に本当に御世話になりました。どうも有り難うございました。
こんな素敵な場所で上映していただいたこと、一生の記念です。

そして井上監督、わたしに声をかけてくださってどうも有り難うございます。
ココロから。この作品がなかったら、わたしは迷ったままだったと思います。
デュラスのコトバではありませんが、もうあたしは迷ってません。
確信しちゃいました。監督のおかげです。


そして同じ時間を、空間を共有してくださったあなたに。
人生はまだつづいていきます。
てめえのLIFEはてめえのLIFE。この永ちゃんの名言を胸に、
それぞれの場所で”てめえのLIFE”を
生きていることに、生きてゆくことに感謝しつつ。

またどこかでお会いできることを。本当に、どうも有り難うございました。


=しょうこ=
[PR]
# by syokomovie | 2009-08-10 03:16 | 最新情報
ありがとうございました!
昨日、無事にUPLINKでのレイトショー最終日を迎えられました。たくさんの方にお出で頂き本当にありがとうございました。あっという間の2週間でした。写真はリハ風景です。「無言歌」のことは近々、動きがあり次第、この公式ブログでご報告させて頂きます。
b0175572_2341075.jpg
b0175572_9385111.jpg
b0175572_939388.jpg
b0175572_9391475.jpg
b0175572_9392461.jpg
b0175572_9393923.jpg

[PR]
# by syokomovie | 2009-08-08 08:01 | 最新情報
ラストスパート
b0175572_2137913.jpg


8/06(木)20:50~※3
8/07(金)20:50~※3  完売でしたが見れるかも! →※5  最終日!

※5:UPLINKに必ずお問い合わせ下さい

※料金3,000円(※3)
※上映時間70分
※予約受付下記
factory@uplink.co.jp
件名を「予約/無言歌」としてお送り下さい
※ご予約受付は、各日前日までの受付となっております。
当日の受付は承ることができません。
携帯電話からのメール送信も不可です。
ご自宅のPCもしくはお電話にてご予約くださいませ。
※次回の上映詳細等は決まっておりません、ご了承下さい。

b0175572_2341075.jpg
[PR]
# by syokomovie | 2009-08-05 21:37 | 最新情報
Special Trailer
see you at UPLINK!


[PR]
# by syokomovie | 2009-08-04 16:09 | 予告編
syoko says
b0175572_1015521.jpg

有り難うございました、そして有り難うございます。
来てくださって、聴いてくださって、観てくださって、
本当にうれしいです。

今日監督にお渡しした本、わたしの愛読書”語る女たち”です。
フランスの作家、マルグリット・デュラスと、批評家グザビエール・ゴーチェの、
女性ふたりの対談です。

あたしはデュラスの大ファンで、このひとの文章はもちろん、創作する姿勢、
生きる態度に感銘を受けてやみません。


恋愛は精神のアバンテュールよ。
結婚はちがう、それはアバンテュールを避けることよ。

わかると思うの、私の作品が孤独の産物だということは。

生きているのがつらい。。。とっても。

批評家やそのほかの連中がなにを言おうが何をしようが、
私は自分のやってることに確信をもってるの。


ーーこれらのコトバはもう既に文字であることを超えて、わたしの胸に刻まれてしまいました。

強さとか弱さといったものに意味づけをしない、という勇気。
孤独、そのものを、生きているのがつらい、というそのことを、

解釈したり変えたりしようとするのではなく、まるごと受け取り、受け容れるというカクゴ。


あたしはそれをまなびました、いまもまなんでいる途中なのです。



=しょうこ=
[PR]
# by syokomovie | 2009-08-04 10:02 | 最新情報
さて、3(月)のミニライブは!
b0175572_234635.jpg



この写真は、この映画本編で写真ほかポスター・ジャケなどを担当してくださった
写真家・梶さんのラブリーな作品の中からご紹介です。
[PR]
# by syokomovie | 2009-08-02 23:47 | 最新情報
今日はプチムービーが流れます!
b0175572_20502392.jpg


昨日のライブ↓のリハ風景です!
b0175572_14262227.jpg

[PR]
# by syokomovie | 2009-08-02 16:04 | 最新情報
今日はコレでいきます!
b0175572_134472.jpg


昨日30日、立ち見になるまで来て下さってありがとうございます。

7/31(金)20:50~※3  完売
8/01(土)20:50~ ←※4(新規)
8/02(日)20:50~ ←※4(新規)
8/03(月)20:50~※3
8/04(火)20:50~ ←※4(新規)
8/05(水)20:50~ ←※4(新規)
8/06(木)20:50~※3
8/07(金)20:50~※3  完売

※劇場info: 渋谷UPLINK X
※上映時間70分
※3=ミニ・ライヴ(30分)あり (上映前 [*上映後の場合あり])
※料金=1,200円(※4=5分プチムービー付)/3,000円(※3)
※上映時間70分
※予約受付下記
factory@uplink.co.jp
件名を「予約/無言歌」としてお送り下さい
※ご予約受付は、各日前日までの受付となっております。
当日の受付は承ることができません。
携帯電話からのメール送信も不可です。
ご自宅のPCもしくはお電話にてご予約ください。

b0175572_2341075.jpg
[PR]
# by syokomovie | 2009-07-31 01:04 | 最新情報
今日のミニライブのリハ風景です!
開始5分前。

b0175572_1494484.jpg

さて、ライブのない日は、プチムービー5分が本編前に流れます。
公開初日の舞台挨拶ムービーです。
あしたが、その初日です、お楽しみに プチムービー shot by syoko...

b0175572_2341075.jpg
[PR]
# by syokomovie | 2009-07-28 23:41 | 最新情報
あしたのライブと速報!
b0175572_20505997.jpg


※公開初日トークショー5分ダイジェスト編集版(映像有り)が明日完成。
ライブのない日に、特別限定上映(映画開始前)します!
Xactiで撮ったスズキ的セルフ撮りが見られます!

b0175572_20502392.jpg



b0175572_2341075.jpg
[PR]
# by syokomovie | 2009-07-27 20:53
公開初日トークショーvoiceダイジェスト

[PR]
# by syokomovie | 2009-07-27 00:34
昨日の初日舞台挨拶です!
昨日は、満席でありがとうございました!和やかな雰囲気の中でお話をさせて頂きましたことを深く感謝します。写真をアップします。お客様の映像はスズキ的噂のセルフ撮りによるものです。どこかでムービーも折を見て。さて、きょうは上映後にトークショーがあります。
b0175572_1084672.jpg

[PR]
# by syokomovie | 2009-07-26 10:08 | 最新情報
musicshelfへ
コチラ↓取材記事アップされました!


b0175572_353338.jpg
[PR]
# by syokomovie | 2009-07-25 12:01 | 最新情報
see you soon...
b0175572_818784.jpg

[PR]
# by syokomovie | 2009-07-25 08:18 | 最新情報
あしたUPLINKでお会いしようぜベイベー、ロッケンロー。
b0175572_543283.jpg


未公開映像第5弾↓が見られます




b0175572_2341075.jpg
[PR]
# by syokomovie | 2009-07-24 05:09 | 最新情報
S.S Setlists
無言歌~Romances sans paroles~"レイトショー公開せまる。

b0175572_5435123.jpg

7/25から2週間のレイトショー公開がスタートします。うち6日間はミニライブ付き。しかし、ただのミニライブじゃあ面白くありません。そこで一日ごとにテーマを設定しました。

b0175572_19532843.jpg

女の人生、振りかえるのは恥でございます。ですが振り返らせていただきます!それぞれの年代に、それぞれの感情をもって書いてきた曲たちを、映画とともにぜひお楽しみくださいませ!

syoko
[PR]
# by syokomovie | 2009-07-23 16:49 | 最新情報
プレミア模様
15分のプレミアバージョン、6曲のミニライブ、そしてスズキさんと井上監督とのトークショー対談風景です。最後には客席からのQ&Aもあって、笑いとにぎやかに進行しました。
トークショーのキーワード:麻生首相、対人関係、コッポラ、諦めない、いじめ、ラース・フォントリアー、告白部屋、発見する、怒り、心痛、感動と麻痺、白くなる、ゴールドベルグ、etc...

b0175572_2102567.jpg


b0175572_2341075.jpg
[PR]
# by syokomovie | 2009-07-22 02:04 | 最新情報
syoko says
プレミアイベントに来てくださったみなさま、本当にどうも有り難うございました!アップリンクファクトリーのスピーカー(Taguchi製)がすごく良い音で、モニターが無いにもかかわらず、とても良い環境で歌うことが出来ました。井上監督とのトークでも、最近いちばん強く思ってることが正直に言えた気がします(監督、有り難うございます。)人間、感動が無きゃダメです。

b0175572_9154757.jpg

ああ素敵、ああなんて気持ちいい、大好き、愛してる、有り難う。そんな気持ちより大事なものってこの世におそらく、いや絶対ありません。若いうちだよそんなこと言ってられるのは、なんて詭弁はもうあたしには通用しません、だって若くないもん(笑)。ネット日記や掲示板に書かれるネガティブなコトバ、それはその人個人の趣味ですから別によいですが、皆目わからない世界です。わたしはそういうくいちがいにいちいち反応したりする自分のヨワサを恥じたり、何も感じないようにコントロールすることで身を守っていましたが、そんなことしてたら感動、のセンサーが動かない、ココロの針がふれない生活になっていることにある時、気がついてはっ、としました。

感動、の無い生活=感動、の無い人生、それって肉体は生きてても死んでるのと同じじゃん。

だからコントロールなんかしようとすることをすっぱり、サッパリとあきらめました、ボブ・ディランは昔、アルバムをつくるにあたって” 完璧であろうとするすべての試みをあきらめた。”と書いていましたが、わたしも自分をコントロールしようとするすべての試みをあきらめようとおもいました、だって生きてるんだもん。

コントロールすることをあきらめる、というのは、無秩序になるとか、感情むき出しにして人にメーワクをかけるとか、そういうことじゃなく(当たり前か)、したいこと、素敵と感じること、ココロから好き、と思うことを強くつよく夢みることです。笑っちゃうくらい単純に、素直に、無防備に。そうしたらつまらないコトバなんか耳にも目にも入ってこなくなるでしょう。そこまで行ったらしめたものです。たたかいかたを身につけたのです。YOU'VE GOT TO LEARN HOW TO FIGHT.なのです。

井上監督、アップリンクの鎌田さん、スタッフの皆さま、バウンディの野田さん、H澤さん、どうも有り難うございました!引き続き何とぞよろしくお願いいたします。

25日からのレイトショー、みなさまぜひいらしてください。そして感じたこと、思ったことをぜひ、きかせてください。

b0175572_928123.jpg
鈴木祥子、1965生まれ。
1988年、EPICソニーよりシングル「夏はどこへ行った」でデビュー。昨年デビュー20周年を迎えた日本を代表するシンガーソングライター。中学の頃からピアノを習い始め、高校時代になり一風堂の藤井章司に師事しドラムを学ぶ。卒業後、原田真二ビートニクス(高橋幸宏・鈴木慶一)、小泉今日子のバッキング・メンバーを経る。エピック・ソニー、ワーナーミュージック等のレーベルより、14枚のオリジナル・アルバムを発表。またソングライターや、サウンドプロデューサーとして小泉今日子、松田聖子puffy金子マリ渡辺満里奈坂本真綾川村カオリなど、数多くのアーティストを手がけている。

カメラがミュージシャンに1年預けられ、ため息、怒り、ざわめき、泣き、沈黙で物語が進行するこの破天荒な音楽ドキュメントに映像界で活躍するクリエイターが篤志参加、CMカメラマンの大木スミオ、写真家の梶洋哉、撮影監督の木村重明。鈴木祥子のセルフ撮りのトーンに、美的感性を随所に鮮烈に与えている。プロデューサー&プランナーは映画監督の井上春生

製作:HUGMACHINE
[PR]
# by syokomovie | 2009-07-21 09:17 | 最新情報