レコメンドドキュメンタリー映画・イノウエ篇
イノウエさんに聞きました。
b0175572_1137868.jpg

ドッグヴィルの告白
ラース・フォントリア、ドグマ95の仕掛け人は本気でムーブメントを作っていたことが現場の所作で分かりました。この映画の企画の発想はここでした、役者の告白部屋のコンセプトはスズキさんのセルフ撮りにつながっています。



ハート・オブ・ダークネス(コッポラの黙示録)
コッポラが、昔就いていた深作監督にWった。優等生ではなくてバンダリズム的不良感性から生まれ、なお生き続けるモノの誕生の瞬間が写ってます。本物のメジャーの殺気はどこか破綻していて、そこが永遠にひっかかって心に残ります。
THE GOLDBERG VARIATIONS from Glenn Gould Plays Bach
今回の無言歌の始まりはバッハ、終わりもバッハ、同じです。
デブラ・ウィンガーを探して
あまり映画を観ないので、音楽Pの松尾潔さんに教えられるまで知らなかったのですが、同じ女優というフラットな立場の人間が聞くと本音が返ってくる仕組みがいいです。
東京オリンピック 
クロサワが降りてイチカワが撮ることになった経緯が感動的、まだ全部見ていません。いつの日か。日本から撮影監督が160人集められ、邦画はそのころ休業状態だったようです。(「黒澤明・封印された十年」新潮社より)
Kabul Triangle
日本のクリエイターとカブール大学芸術学部の教授陣と学生が3本のオムニバスドキュメントを作った。それはイノウエです。(DVDで出ているそうです)
STRANGER THAN PARADISE super 8 film
ジム・ジャームッシュの同題の映画のメーキング、雪の中5人で淡々と撮っています。および、ジャームッシュがその後組んだカメラマンのロビー・ミュラーのインタビュー集も。この映画に参加してもらった撮影監督の木村氏よりもらいました。どこで入手したのかナゾ。
ジョン・カサヴェテスは語る(幻冬舎)
これは本ですが、最後のカサヴェテスが語った映画・映画人の項目が好きです。いま見たら絶版になってました。今日、思い出すのはこの辺りです。

次回は、スズキさんのレコメンドドキュメント映画をお届けします!

担当:oshira
[PR]
by syokomovie | 2009-05-09 11:39 | トピックス
<< レコメンドドキュメンタリー映画... 最終調整 >>