スズキさんにミニインタビュー ver.4
スズキさんに聞く3つの質問、音楽篇2回目。
b0175572_1258916.jpg


バッハから、アースシェイカーまで。

b0175572_2341075.jpg



Q.1 サラサーテのツィゴイネルワイゼンの感想を?
(とあるURLをご覧頂きました)参考
すご〜〜〜くうまいと思います、って当たり前ですね(笑)!

Q.2 パガニーニのヴァイオリン独奏曲(24の奇想曲)の感想を?
(とあるURLをご覧頂きました)参考
すご〜〜〜くうまいと思います、って上と同じやんか。。。

Q.3 リストのラ・カンパネラの感想を?
(とあるURLをご覧頂きました)参考
すご〜〜〜くうまいです!!映像も曲とシンクロしてとてもきれい。

ごめんなさい、演奏に関してはこれしか言えません、だって本当に上手いんだもの。私などが何を言うべきことがありましょうか。

すみません。。。おそらく、わたしの耳がバッハ耳になっちゃってるんだとおもいます。最近、普段うちで聴いてるものと言えば、アースシェイカーのベストかTOTOの3枚め4枚めか、そうじゃなければバッハで、私にはスキ、となるともう、そればっっっっかり1年中聴く、という悪癖があり、

この場合サラサーテもリストもパガニーニもものすご〜〜〜く偉大で、演奏している人もものすごくうまくて、私がどうこう言えるようなレベルでないのは百も承知なのですが、

バッハ耳になってしまったわたしには、ちょっとドラマチック過ぎるのです。こうなって〜、こう来て〜、これだ〜〜!!という、音楽に必要不可欠と思われる起承転結というか、盛り上がりというか、メイクドラマ(古い?)というか。。。そういうものがあり過ぎて、ちょっと疲れてしまうのですね。ケレン味というんでしょうか、大見栄を切る、ヤマっ気、というんでしょうか。男性的、マッチョと言ってもいいのかもしれません。それが魅力的なんだとおもいます。


バッハさんってそういう意味ではまったく見栄を切らないです。盛り上げない。ヤマッ気無し。だからつまんない、という人もいると思います。あれ?いつ終わったの?みたいな。。。盛り上がったかと思うと平熱になり、狂おしいかと思うとまた至って平常心になる、起伏が無いわけではないんだけども、起伏のつくりかたがあまりにもスムース過ぎて、いつのまにか曲が進んでいつのまにか終わっている。はじまりと終わりがひとつの環みたいに綴じられていて、まるで自然音のように聴こえるんですね。


私にはどうやらそれが心地よく、家でもそればっかなのでお話にならないというか、これらの素晴らしい曲や演奏にかんしてコメントをするのはおこがましいと思います。なので監督、コメントをお願いいたします!!

=しょうこ=


はい、井上です

上のバッハと鈴木さんの関係は、映画の中で語られています、ゴールドベルグは、盟友のカメラマンが撮ってくれてこれもかなりきれいな映像になってます。今回は3人の最前線の撮影監督と写真家にお願いしてこれまで撮りためてきた映像もでてくるのでお楽しみに。で、サラサーテはバスク人で、スペインでも少数民族だったそうですが、ツィゴイネルワイゼンの哀愁のジプシー音階は、そのあたりの少数民族へのシンパシーがあるのでしょうか。なんか当時ヨーロッパでは、ジプシー音階の嵐だったみたいですね、ロマン派の時代なので、エキゾティシズムもその中に入っているというか、対する同じ天才バイオリニストのパガニーニは、サラサーテの先人ですが、あの映画「親切なクムジャさん」(音楽がいい)に無伴奏ヴァイオリン独奏曲の中から、クワジ・プレスト(no.24)が使われてたのを覚えています、流れで言うと、監督のパク・チャヌクの新作はリストから来るかも、Q3のリストのラ・カンパネラは高音のレのシャープの連打(鐘)の偏執さが、そのほんとうに小指折るんじゃないかくらいの、そんな激しさがあって、わたしピアノ弾けませんが、(以上、素人なので似而非学者風に語りました)・・・(話題転換)そのパク・チャヌク氏の新作の「コウモリ」は、いまサイトを見たら、ソン・ガンホさんが出てますね、この間、この人の出ている「シークレットサンシャイン」見ましたがいい映画でした、この作品のイ・チャンドン監督の作品は強烈にお勧めです。「オアシス」はぶっ飛びました。と、映画の話になってしまいましたが、、、お休みなさい。あ、そういえば、去年韓国の映画祭に招待されて行ったのですが、向こうの女性の映画記者の方が、「フランス人は韓国映画の表現を残酷だと、言っているがどう思うか?」と聞かれ、唸ったあげく、「カルネ」の話をしました。恨(韓国)と肉(仏)のニオイは違いますが、肉もね、恨に負けることなくかなりいってますけどみたいな、どっちも苦手ですが、どっちも人のキャラではあったりするんでしょうね、だから物語が動くんでしょうが。。。
[PR]
by syokomovie | 2009-05-25 22:52 | トピックス
<< HMV suzuki syoko dr... >>